中古の家を買って3年目。フローリングのワックスを行ったよ。キレイになって嬉しい。

中古物件フローリングのワックス 雑記

家を購入して3年が経過しました。比較的キレイに使っているとは思っていますが毎日歩いているフローリングは輝きを失っていました。

きったねー。とはなりませんが最初の輝きを失っているのも事実です。

まるで新卒のサラリーマンの様ですね。ピカピカに輝いていて希望も情熱も持っていたのに3年も経過するといろいろなものに慣れてくるのです。

で、そんなフローリングにワックスを使ったらキレイになって嬉しい気持ちになったので書いてみたいと思います。

購入したのはリンレイのワックスです。ぼくは形から入るタイプなので棒みたいな奴も一緒に購入しましたw

中古物件で入居時にワックスを行ったものが3年という月日と共に取れてきた。

家のフローリングはパッと見はキレイなのですが、ところどころ汚いところもあります。生活動線はワックスが取れてきてカサカサになっています。

普通はどのくらいの頻度で行っているのでしょうかね。実家の母親に聞いたら一回もやったことがないと言っていました。それでもいいものなの?

普段のクイックルワイパーでワックス付きみたいなものを使っていれば違ってくるのかもしれませんが使っていません。

日々の掃除は掃除機か普通のクイックルワイパーです。

ワックスの掛け方はリンレイの公式動画でちゃんと確認したよ。

リンレイの公式HPはこちら

【リンレイ公式】ワックスの準備から塗り方
ワックスがけ前の準備からワックスの塗り方まで、キレイに仕上げるコツをワックスメーカーのリンレイがアドバイス。普段のお掃除方法、ワックスの選び方、ワックスがけの効果もまるわかり!

公式ユーチューブ動画はこちら

リンレイ 床用ワックスの塗り方 使い方

文字に書いておくと

  1. フローリングをキレイにする
  2. 水拭きで油分をとる
  3. ワックスをかける
  4. 乾かす

これだけです。

しかも公式動画と同じ道具を揃えたので安心ですw

専用の道具があると快適に行うことが出来ました。

500mlのもので30畳分使用できるということだったので1本書いました。

用意したもの。ワックス剤、モップ的なもの。雑巾、掃除機

ぼくが部屋のワックスを掛ける時に用意したものは以下の通りです。

こんな感じです。

ワックス剤 リンレイ オールワックス 500ml

近所のホームセンターで購入しました。リンレイ以外の製品もありましたが一番有名だったので選択しました。

500mlで約30畳分の使用量になります。

  • リビング+キッチン(約27畳)
  • 玄関まわり(約4畳)
  • 階段

今回はこの3つをワックス掛けをしましたらちょうど終わりましたのでだいたいあっていると思います。

ワックスを掛けるための専用ワイパーとシート リンレイ オールワックスワイパーEX

上記のワックス剤と一緒に購入しました。

無くてもワックス掛けは可能ですが、あった方が便利です。むしろ今回行った感想としては必須です。特にワイパーは絶対に欲しい。

雑巾で全部を行うのは無理でしょう。

リンレイから発売しているものです。床ワックスを立ったままカンタンに短時間で塗れる、ワックス掛け専用フローリングワイパーです。

その他、雑巾、掃除機、ゴム手袋

ワックス掛けをする前に掃除機で埃や髪の毛を取ります。雑巾は床の汚れをキレイにするためです。意外と隅っこは汚れていますからね。

ゴム手袋やビニール手袋は無くても大丈夫ですが、何回も雑巾を絞ったりワックス剤が手についてしまうことを防ぐためです。

専門業者に依頼した場合と自分たちで行った金額を比較してみる。

今回は自分たちで家具の移動、床の洗浄(掃除)、ワックス掛けを行いました。かかった費用はワックス剤と専用ワイパーだけなので1500円程度になります。

ワックス剤が500円で専用ワイパーが1000円。

これを業者に依頼すると30畳で30000円〜50000円になります。

その差は20倍以上です。この差は大きいですね。

もちろん業者が行った床と初心者がワックス掛けした床では仕上がりに差はあるでしょう。しかし20倍ですからね。これを高いとみるか安いとみるかで変わってきます。

しかも業者は洗浄とワックス掛け(+剥離)の料金です。家具の移動は自分たちで行う必要があります。

30畳分のワックス掛けにかかった時間は4時間。半日は潰れる覚悟を!

家の構造上いっぺんにワックス掛けができるならもっと早いですが、ぼくの家はリビングにある家具を別の場所に持っていくことができないのでリビングを2回に分けて行いました。

リビングにあるものを半分に移動して、掃除機を掛けて床洗浄をしてワックスを掛けて乾燥させます。乾燥したら移動した家具を戻す+半分にあった家具を移動。

同じように掃除機を掛けて床洗浄をしてワックスを掛けて乾燥させます。乾燥したら家具を戻します。

最後は階段とキッチンと玄関です。これも同じように置いてあるものを移動して洗浄してワックス掛けをして乾燥させます。乾燥したら移動したものを戻します。

  1. リビング半分(13畳)
  2. リビング残り(14畳)
  3. キッチンなど他

一連の作業(家具移動、洗浄、ワックス、乾燥、家具戻し)に1時間以上必要になります。

これを3回なので4時間以上が必要でした。

フローリングのワックスを行って実感したこと。半年ごとにできるわけがない!

説明書を読んでいたら

半年に1回は行いましょう。

なんて書いてありましたが半年に1回家具をどけて雑巾掛けをしてワックスをできる家がどのくらいあるのでしょうか。職場だって1年に1回ですからね。

そりゃ6ヶ月ごとにフローリングにワックスしていたらキレイでしょうけどね!

こっちは3年ですよ!!

と説明書にツッコミを入れながら読んでいました。

とっても疲れましたがキレイになったのでワックス掛けをして良かったと実感しているところです。来年くらいにはもう一度行いたいと考えています。頑張ります。

コメント

  1. […] 中古の家を買って3年目。フローリングのワックスを行ったよ。キレイにな… […]