家を買った時に考えたこと。実家の状況をみて判断すること。売るなり貸すことができる場所。

雑記

医療事務として働きながら住宅ローンを利用して中古の物件を購入しました。

家を買うのは一生に一度の買い物だからしっかりと考えないといけない。なんて言葉もありますが、ぼくは違うと考えているんですよね。

ほんの
ほんの

家がたくさん余っている時代にひとつの場所に縛られて身動き取れないことはリスクのひとつです。そしてそのリスクはぼくにとっては大きいのです。

一生に2回も3回も家を買っても良いじゃない。

最初に結論を書いておくと、家を買う時には売るときや貸すときのことを考えました。30年後の未来はわからないからね。ということです。

ぼくたち夫婦の実家は共に築30年くらい。幼稚園に入園するくらいのタイミングで建てられた家です。平成とともに過ごした実家です。

お互いの家は親も住んでいるし、メンテナンスも通常程度行なっているので住むことはできます。水回りなどは簡単な修繕やリフォームも定期的に行なっています。

しかし、築30年というのは当たり前ですが築30年なんですよね。

もう少し書いていきましょう。

築30年というのは当然だけど『古い』リフォームしても部分的になる。

いくら定期的にリフォームを行なっているからといっても築30年の家は古いです。

全部をキレイにリノベーションするなら違いますが、日々の生活を行なっている親にとってその選択肢は無いでしょう。

洗面台に不具合が出たから交換しよう。コンロが故障したから直そう。そうやって部分的に直していく人が大多数だと思います。

つまり、自分はいくら新築のピッカピカの家を買っても30年後はやってくるというわけです。そんな時にフルリフォームや建て替えを行なってまで家に対するこだわりが持てるでしょうか。

こだわりがあっても住宅ローン、教育費、親の介護、自分の健康。などなど多くの出費を目の前にしてそこまで余裕がある状態になっているでしょうか。

築30年で30年後というのはそうゆうことです。

一時的なキレイな家に住みたい。新築理想論についてストップをかけてみる。

お金を稼ぎ続ける根性がある人はどんどんリスクを負って経済を回していけばいいです。

しかし、ぼくのように最低限の働き方でのんびりと生きていたい人もいるでしょう。

そんな時に必要以上の家を買うのは意味がないんじゃないかな。と世間一般的に言われていることから天邪鬼に考えてみました。

ぼくは世帯収入で住宅ローンを考えるのは反対派です。二人の収入を合算すればもうワンランク上の家を買うことができるね。なんて考えはありません。

そもそも労働者としての将来はあるのでしょうか。

ちなみに住宅ローン控除はお得なので使った方がいいと思っています。なので、家を買うことは賛成なのです。必要以上に背伸びをして家を買うことは無意味だと考えています。

もちろん「家」に対する思い入れは人それぞれなので自分の人生にあった住処を見つけるといいです。

現在の家を買うまでに30回以上の内見をして2年くらいの時間を使った話。

家を買う時には30回以上見学をしました。その結果、自分たちに必要な条件がゆっくりと固まってきました

新築と中古、戸建とマンション、駅近と郊外、実家の近くと職場の近く。などなど様々な条件が定まっていませんでしたのでゆっくり時間をかけてのんびりと見学と検討を続けました。

結果的には、築10年の中古戸建、駅近ではないがギリギリ徒歩圏内、実家の近く。にしました。職場は転職して近くになりました。

ポイントだったのはリセールバリューです。つまり立地です。本来であればちょっと手が届かないような場所にとある事情で売りに出ていた家を買いました。

相場よりも2割くらい安く出ていた家をさらに値切ってもらいました。

医療事務で住宅ローンを組んだよ!専業主婦家庭でも家を買った理由と考えたこと。
医療事務の人は低い年収がネックとなって住宅ローンに苦慮している人がいるかもしれませんね。そもそも医療事務のような年収でも銀行はお金を貸してくれるのでしょうか?住宅ローンを組むことは可能なのでしょうか。結論から書いておけば医療事務でも...

なので、リセールバリューとしては申し分ない場所になります。少なくとも売りに出したときに住宅ローンの残金以上で売れる家です。

  • スーパーまで徒歩5分
  • コンビニまで徒歩5分(2店舗)
  • 小学校まで徒歩5分
  • バス停まで徒歩5分(2系統)
  • 飲食店まで徒歩5分(2店舗)
  • 住宅街で静か

など、不動産の広告に必要な条件は整っているハズです。

ほんの
ほんの

本当はもっと駅近の方がよかったのですが金銭的に限界がありましたw

本日のまとめ。何かあった時に動ける家にする方が良い。

ぼくは転職を繰り返すジョブホッパーですし、妻はのんびり専業主婦です。

10年後には沖縄でのんびりと過ごしたい。なんて言いだすかもしれません。そんな時に家のことで悩むのはイヤだと考えました。

中古物件なので兄弟や友達が買った家よりも多くの部分で劣りますが、築10年なのでまだまだ十分キレイです。住宅ローンの金額も半分くらいでしょう。

35年固定金利で5万円代です。元金均等返済なので将来的には4万円を切ります。

3年住みましたが今のところエコキュートも太陽光発電も動いてくれています。故障したら大変ですねw

フローリングはワックスを初めて塗りました。

中古の家を買って3年目。フローリングのワックスを行ったよ。キレイになって嬉しい。
家を購入して3年が経過しました。比較的キレイに使っているとは思っていますが毎日歩いているフローリングは輝きを失っていました。きったねー。とはなりませんが最初の輝きを失っているのも事実です。まるで新卒のサラリーマンの様ですね。ピカピカ...

こんな感じで楽しく過ごしています。