ニチイ学館やソラストが談合を繰り返していた疑いで公正取引委員会の立入検査。ぼくが考えたことについて。

公正取引委員会の立入検査 雑記

あまり大きなニュースにはなりませんでしたが、医療事務受託大手のニチイ学館とソラストなどが価格競争を避けるために談合を行なっていたことで公正取引委員会から立入検査を受けていました。

ほんの
ほんの

独禁法違反(不当な取引制限)の疑いだそうです。

このニュースでぼくが考えたことは

  • 談合は本当に悪いことなのか
  • 医療事務受託で価格を高止まり(談合)させても医療事務の給料が安いのはなぜか
  • 価格競争がおきて新しい風が入ることには賛成
  • 株価が下がって困った

ということです。

それでは詳しく書いてみたいと思います。

「404エラー」TBS NEWS 動画ニュースサイト
TBSの動画ニュースサイトTBS NEWSです。
時事ドットコム

談合してまで価格維持に努めたのに医療事務の給料に反映されないのはなんでだろう。

そもそも談合は悪いことだと考えられています。

談合とは、価格を一定額以上にしましょうね。そうすればお互いに利益が確保できるからね。赤信号みんなで渡れば怖くない。みたいなことです。

ほんの
ほんの

談合といえば建設業で多いイメージですね。公共事業の建設に対してよくニュースになります。

今回も病院受託の価格を裏取引していたから公正取引委員会が出てきたというわけです。

公正取引委員会の言い分としては、自由な競争して頑張れよ!消費者も選択肢が増えるよ!「競争政策」だぜ。ということです。

公正取引委員会

で、今回については談合の有無についてはあまり興味がなくて、仮に価格を維持するために談合をしていたにも関わらずニチイやソラストで働く医療事務の給料は低いというところです。

ニチイやソラストで医療事務をしている人を知っていますが給料はとても低いです。
ほんの
ほんの

むしろ談合が足りてないんじゃないの?もっと給料払ったほうがよくない?

談合については面白い記事がたくさんありました。

“談合”は悪いことか
 最近、国際標準という言葉を耳にすることが多くなった。私が関係している業界のほとんどが国際標準の枠組みに関係していると言ってもいいだろう。それほど、この国際標準に関わり、いや、縛られていると言ってもいいくらいに、組み込まれている。
ニュースでよく見る「談合」 なぜ悪いことなのか?(THE PAGE) - Yahoo!ニュース
 北陸新幹線の融雪設備工事をめぐる談合事件では、東京地検特捜部などが2014年2月初旬に、発注側の鉄道・運輸機構や受注側の設備工事会社などを家宅捜索したことがニュースになりました。また、1月末には関

会社が利益を取りすぎているのか?そもそも医療事務受託価格が低いのか?

給料が安いのは理由があります。

会社は利益がたくさん出ていて十分な利益が確保できていれば従業員の給料に反映させます。特に医療事務業界は低年収の代表みたいに言われているのでスタッフ確保も難易度が上がるでしょう。(風評被害)

高年収にする必要はありませんが平均年収がもう少し上がればそれだけ人も増える。かもしれません。

それにも関わらず給料が安いのは、そもそも会社は十分な利益を確保できていないのではないでしょうか。

つまり病院からの受託費用が安すぎるから従業員に給料として支払えない?

ほんの
ほんの

医療事務受託の病院で働いたことがないので医療事務受託費用がどのくらいなのか把握していませんので知っている人に聞いてみたいですね。

医療事務は病院の底辺なの?低年収&長時間残業だから辞めたほうがいいの?
医療事務は病院の底辺なんでしょうか?しかも低年収で長時間残業?インターネットの情報を漁っているとまぁいろいろな意見があります。言う人はいるでしょう。でも人間関係で無理する必要はありません。言いたい人には言わせておけばいい。ぼくの考えは、そも

新しい風が入ることは悪いことではない。だけど行きすぎた価格競争のゆえブラック労働が蔓延することだけは避けたい。

ぼくは新しいことが好きです。変化も好みます。

企業側の創意工夫で大幅なコストカットができたりすればそれはとても良いことでしょう。

しかし、今回の談合の結果で医療事務受託費用が大幅に安くなって、微妙なベンチャー受託会社が受注して、そのしわ寄せがそこで働くスタッフにくることは避けたいですね。

この可能性は否定できません。

ニチイやソラストが100万円で受託していたのに50万円でやります。とベンチャー企業が手を上げる可能性もあります。

委託する側の病院にとっては100万円支払っていたのが50万円になるのであれば嬉しいですからね。

ほんの
ほんの

ニチイやソラストが100万円でも低い給料でブラック労働だったのに、ノウハウも人もいないベンチャー企業が50万円でできるのか。と言われたら難しいと思うんですよね。

医療事務も相当ブラックなんで入る病院は考えた方がいいかもね。
研修などに行くと他の病院の人と話す機会もあります。情報交換。そんな時は他院の医療事務文化というものに驚くことが多々あります。インターネットで検索してみても医療事務のブラック労働環境については多くの記事があります。令和になったと言うのに、まだ

本日のまとめ。

談合のニュースは今まであまり関係のない話でした。今回、医療事務という身近な部分でニュースになったので興味を持って調べてみました。

そして株はメチャクチャ下がりました。ウケるw

公正取引委員会の立入があったことで今後の売上高に影響が懸念されたものになります。

今後の流れにも注意深くみていきますがしばらくは売りには出さないでおきます。価格が下がって損失が出ていることはとても悲しいですが、ソラストの株を買ったことで多くの勉強をするきっかけになっています。

ソラストの株を買っていなければ今回の談合についても興味は半分だったと思います。

動向に注意していきましょう。

ソラストの株を購入して1ヶ月が経過したよ。5月9日の決算発表と現在の株価と今後のチャートについて。
1ヶ月前にソラストの株を購入しました。1140円。そこから上がったり下がったりを繰り返してはいますが基本的には大きな変動はなく落ち着いた値動きをしています。そして5月9日は19年3月の決算発表がありました。ソラストやニチイ学館な...